ハタガク第10回 「人生を『自由』に生きる、仕事。」小暮真久氏

小暮さんは本当に自由な人なんです。

働きかたも、生きかたも自由なんですが、何よりも発想が自由。

常に"Out of the box"、日本語で言うと前提を全部取り払って「そもそも論」から物事を考えることが出来る人です。

そして好き嫌いがはっきりしている。好きな人だったり、好きなことにはとことん突っ込んで追求するくせに、興味のない人やモノには、それがどんなに評判がいいものだとしても突然スイッチオフになる。好き嫌いが激しくて、ある意味もの凄く自分勝手なヒトなのに、結局周りがついてくる、結果を残し続けることができるのは彼の天性のチャーミングさと、どんな時でも判断がブレないからなのだと思います。

心臓の研究者からコンサルティングファームのマッキンゼーに飛び込み、そのあとNPO法人Table for Two International を立ち上げ、日本で一番成功しているNPOになるまで成長をさせたあと、仕事と生活の拠点をイタリアのミラノに移し、グローバルにTFTの活動を拡げるため奮闘をしてきた2年あまりを経て帰国した小暮さん、またもや新しい挑戦を考えているようですよ。みんなでお話を聞くのを楽しみにしています。

ハタガク校長 齋藤太郎



ご応募はこちら


日時

2017年11月15日(水)19:00~ ※開場 18:30 21:00頃終了予定

場所

〒105-0004 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー34階 株式会社イノベーターズ内Smart Campass

参加費

無料(必ず応募フォームより応募の上ご参加下さい)


プロフィール

小暮 真久 氏

1972年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、オーストラリアのスインバン工学大で人工心臓の研究を行う。 1999年、同大学修士号修得後、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社へ入社。 ヘルスケア、メディア、小売流通、製造業など幅広い業界の組織改革・オペレーション改善・営業戦略などのプロジェクトに従事。 同社米ニュージャージー支社勤務を経て、2005年、松竹株式会社入社、事業開発を担当。

経済学者ジェフリー・サックスとの出会いに強い感銘を受け、その後、TABLE FOR TWOプロジェクトに参画。2007年NPO法人TABLE FOR TWO Internationalを創設。


著作:

「20円」で世界をつなぐ仕事 - "想い"と"頭脳"で稼ぐ社会起業・実践ガイド(日本能率協会マネジメントセンター)

※本の売上のうち20円が、TABLE FOR TWOを通じて開発途上国に寄付されます。

20代からはじめる社会貢献:400社が支援した「社会起業」とは(PHP新書)

『社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた』(ダイヤモンド社)

人生100年時代の新しい働き方――生産性を高め、パフォーマンスを最大化する5つの力と14のスキル


受賞歴:

公益社団法人 日本青年会議所 人間力大賞 - 2009年度 厚生労働大臣奨励賞

ビジネス書大賞実行委員会 ビジネス書大賞 - 2010年度 新人賞

(『「20円」で世界をつなぐ仕事』)

シュワブ財団 「アジアを代表する社会起業家」賞 - 2011年

日経BP社 日本イノベーター大賞 - 2011年度 優秀賞

経済誌Forbs 「世界を代表する慈善活動家ヒーロー48人」- 2012年

Tha Asian Awards - 2013年度 社会起業家部門


齋藤太郎

株式会社dof 代表取締役社長

1972年アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド生まれ。95年慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒。株式会社電通入社後、テレビ局、営業局を経て、05年にコミュニケーション・デザインを生業とする、株式会社dofを設立。製品開発から、マーケティング戦略立案、メディアプランニング、クリエイティブの最終アウトプットに至るまで、コミュニケーションの川上から川下まで「課題解決」を主眼とした提案を得意とする。IT業界へのコネクションも強く、ベンチャー企業などの経営支援の機会も多い。株式会社VOYAGE GROUP(東証1部上場)やCCCグループ企業であるトーンモバイル株式会社などでは経営メンバーとして携わり、Airbnb運用代行ベンチャーHostyではアドバイザーを務める。新経済連盟にてクリエイティブ・ディレクターを務めた経験から、海外スタートアップ事情にも精通している。

サントリー「ザ・モルツ」「角ハイボール」「トリスハイボール」「知多」「山崎」「白州」「響 Japanese Harmony」、資生堂「エリクシール」コーポレートスローガン「一瞬も 一生も 美しく」「専科」、永谷園「生姜部」、JR東日本「新青森キャンペーン」「SUICA」、KDDI「au」、日本テレビ「見たい、が世界を変えていく。」、江崎グリコ「プリッツ」、J!NS、King Japan「キャンディクラッシュ」「キャンディソーダ」などを手がける。

その他の現職:

株式会社CC コミュニケーションデザイナー兼ファウンダー

株式会社VOYAGE GROUP 社外取締役 

NPO法人TABLE FOR TWO グローバル戦略委員会 委員


インタビュー等

飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問(1)「dof」編

私の哲学 第62回

働くを考える学校 ハタガク

「働く」っていったい何だろう。 「仕事」っていったい何だろう。 働くのは生活をするため? どんな仕事をしたら幸せになれるの? こんな時代にどう働けばいいのか、 どんな未来をデザインしていけばいいのか。 ここに来れば、検索では見つからない答えが見つかるかもしれない。 働くを考える学校、「ハタガク」開校します。

0コメント

  • 1000 / 1000